階段昇降可能な運搬車の製作

3ヶ月ほど前から学校のある実験で自分を含めた班は運搬車を作ることに。

しかしただの運搬車ではなく階段の昇り降りができる条件を付けられました(笑)

はじめはどんなものを作ればいいのかと皆悩んでいたんですが、最終的には運搬車に3連の大型タイヤを付ける構造で行こうということになりました。

ついでに遊び心で重量警告システムも作ろうという流れに。
気づいた方もいるかもしれませんが、この前作っていた重量計算等の電子工作は全てこの運搬車用に作ったものです(笑)

スクリーンショット 2014-02-02 17.44.48

SolidWorksではじめに作ったイメージ図

班には機械、電気、情報、化学、材料系の専門の子が揃っていたのでそれぞれの得意分野別に作業を分担することに。

取っ手の部分は壊れた運搬車から確保できたので主に3連タイヤの制作が中心となりました。

レーザーで板から型を切り出し

ニスで補強

3連タイヤ組み立て

車軸の部分を加工して

3連タイヤと車軸を組み立て

車輪を本体に取り付け

次に重量計算の部分。

完成した重量システムをプリント基板に写し

電子工作定番のタッパに詰め込み

的当に本体裏に取り付け

圧力センサを板内部に仕込み

的当に液晶をくっつければ

ようやく完成です!!

出来上がったのは良かったものの実を言うとその後問題が発生しまくりでした(笑)
板が歪んでいたためある程度重さをかけないと0kg表示のままだったり、人を載せて遊んでいたら発表前に3連タイヤが割れたりetc…

予算が1万円という範囲内で節約のために材料を木製にしたりと試行錯誤を重ねようやく出来上がった運搬車。
金銭面も考慮しながらのモノ作りの難しさを感じました。

また思った以上に時間が取れずクオリティが上がられなかったのも悔しいところです。

でもみんなでの共同作業、なかなか楽しい時間を過ごせました。

コメント