ネットブックにCentOS 6.3 をインストール + 注意点

5年前発売のネットブックEeePC 901が余っていたので今回はこいつにRedHat系のOSの勉強がてらCentOS 6.3を入れてみることにしました。

以前はubuntuを入れてたんですが、最近のubuntuは重たいこともあって5年前のネットブックではカクカクでした。

ネットで双方の要求スペックを軽く調べてみると

要求スペックの比較
CentOS 6.3 Ubuntu 12.04
CPU Pentium 4 1GHz プロセッサ 以上 Pentium2 以上
メモリ 1GB 以上 256MB 以上
HDD 15GB 以上 4GB 以上

(テーブル汚いですね(^_^;))

CentOSならUbuntuの半分以下のスペックでも十分動くようです。

ついでにEeePC 901のスペックも調べてみると・・・

  • EeePC
  • CPU:Intel Atom N270 1.6GHz
  • メモリ:1GB
  • SSD:4GB

確かにubuntuのunityはうまく動いてくれなさそうですね(笑)
5年前ならこの大きさでwindowsXPが動く!!と人気機種だったのに・・・

CentOSのインストールはUNetbootinを使いました。
ソフトに従っていつも通りUSBにOSのisoファイルを書き込んだんですがインストール途中でに以下の様なエラーが

Missing ISO 9660 Image
The installer has tried to mount image #1, but cannot find it on the hard drive.

isoファイルをUSBに展開したのにimageがないとエラーが出てくることの意味がよくわかりませんでしたがisoファイルをUSBメモリのルートにコピーしてあげたら無事インストール出来ました

これまでubuntuなんかのインストール時にはソフトを使って書き込みだけでよかったんですが、CentOSではUSB書き込みソフトを使うだけではダメなようです。

CentOSを使ってみて非常に快適ですね。
GUIも入れてみましたが、それでもサクサクです。

2013-04-23_server1

デスクトップにサーバーもありますが、高負荷がかかることはしないので正直今回のサーバーだけでほとんどの事ができそうです。音もほぼ全くでない、消費電飾も1ヶ月100円程度、外付けHDDで容量の心配もなし、バッテリーがあるからUPSいらないし。

もちろん本格的なサーバーではノートPCは使えないですが、家庭のお遊び用ならこっちのほうが扱いやすいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク