StackEditをChromeで起動するアプリを作ってみた

stackedit-logo

MarkdownエディタにはStackEditというWebアプリを利用しています。非常に高性能で使いやすいです。

だだしこのWebアプリをオフラインで利用するにはStackEditのChromeアプリをインストールしたGoogle Chromeを使う必要があります。

普段はSafariを利用しているので、デフォルトのブラウザを変えたくはありません。そこでStackEditをGoogle Chromeで起動するアプリをAppleScriptで作ってみました。

準備

まだChromeアプリをインストールしていない方は以下のリンクからインストールしてください。
https://chrome.google.com/webstore/detail/stackedit/iiooodelglhkcpgbajoejffhijaclcdg

Download

使い方

StackEdit.appを実行するだけ。

AppleScriptのコード

もしGoogle ChromeがStackEditを開いていた場合には画面を前面に、開いていない場合には起動するという内容です。

StackEditが多重起動してしまうとChromeアプリ側が自動でタブを閉じるので、それに関しての処理はしていません。

まとめ

Atomも優秀なエディタですが、補完やリアルタイムプレビューの完成度はStackEditの方が優れていると感じています。

あと今回の機能を作るためのAppleScriptの存在を知りました。結構昔からあるようですが全然知りませんでした。アプリだけでなくMacのシステム関連の操作もできるので何か機能を実装する際には使えるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク