MacでWiFiの電波状況を測定するスキャン機能の起動アプリを作ってみた

MacでWiFiの電波状況を調べる際により手軽にできるよう, WiFiスキャン機能の起動アプリを作ってみました.

demo_wifiscan-starter

Background

最近, 大学図書館のWiFiが不調で速度が全然出ません.

そんな場合, もしくは町中で大量のWiFiが飛んでいる場合に電波状況を少し調べたい時ってありますよね.

Macでは「ワイヤレス診断」というWiFi関連のチェックツールをまとめたアプリが標準でインストールされていて, これが非常に便利です.

ただこのワイヤレス診断アプリは起動時に問題があります.

resized_ss-2016-11-04-17-14-07

起動時に上のようなアシスタント画面が出てきます. スキャン機能だけを利用したい人にとっては邪魔です. しかも間違って「続ける」を押してしまおうもんなら, 診断が終わるまでこの画面を閉じれない状況に陥ってしまいます.

WiFiScan Starter

そこで, WiFiの電波状況を調べたいときにすぐ調べられるよう, 1クリックでスキャンツールを起動するアプリを作ってみました. また誤クリックを防ぐようアシスタント画面を消すようにしています.

Apple Scriptで実装しており, 処理自体は非常に単純.

ワイヤレス診断アプリを起動してから, アシスタント画面を消して監視画面とスキャン画面を表示させているだけです.

使い方

以下からzipをダウンロードして解凍.

「WiFiScan Starter.app」を起動するだけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク